ソリューション  
   
製品情報 ソリューション トピックス お問合せ サポート 会社情報 ダウンロード 採用情報 イベント/展示会 リンク

ビルの安全性を知りたい
ビル内には多数の人が滞在しています。大地震時には揺れによる直接被害の可能性もありますが、混乱による二次災害や余震に対する備えも重要となります。ビル内に地震計を複数台配置し、揺れの大きさを詳細に計測することで、どのような対処をすべきかの判断(避難対応基準に従った誘導や、被災度予測に応じた行動支援など)に役立ちます。
地震時の建物の揺れ、
震度を正確に知りたい
ビル内の混乱を抑え、ビル内の人々(従業員・滞在者・居住者など)の避難の必要性を判断するために建物の揺れ、震度を正確に知りたい
地震後に建物の
安全性を知りたい
帰宅困難者対策のために大地震後でも建物の被災状況を評価し、滞在・避難を判断するために利用したい
大きく揺れる前に
被害を軽減したい
大きく揺れる前に避難放送を流すことで避難行動を促したり、エレベータで閉じ込めが起きないために最寄り階に緊急停止を行うなど、ビル内の人々の直接被害を軽減したい。
 
   地震時に被害状況を知りたい  BCPに活用したい
   地震時に設備・装置を制御したい  家を強くしたい
   ビルの安全性を知りたい  孔中地震計について
 
 
 
 
 
 
〜  OYO  S・I  ONLINE  INFORMATION  〜