タイトル画像  
   
製品情報 トピックス お問合せ サポート 会社情報 ダウンロード 人材募集 イベント/展示会 リンク

 ご挨拶  会社概要  会社の沿革  キネメトリックス社の紹介
 本社地図  名古屋営業所地図
ご挨拶 
応用地震計測株式会社はOYOグループの地震計部門の中核として、1996年12月に応用地質株式会社の出資で設立されました。世界的な地震計メーカーである米国 Kinemetrics社、Quanterra社、Metrozet社の日本国内総代理店として国内市場に紹介すると共に、市場のニーズにお応えした地震計等の開発、地震計ネットワークシステムや緊急地震速報受信システムの構築及び設置サービスなどを提供しています。
また、減災の基本は国民一人一人の減災意識の向上に他ならないという観点で、地震防災教育啓発教材の開発と普及活動を日本はもとより、地震災害のある世界各国で行っています。
ページの先頭に戻る
会社概要 
社 名 応用地震計測株式会社
設 立 1996年12月26日
資本金 1億円
事業内容 地震計の輸入販売
地震計の設置、保守点検
地震工学に役立つ計測機器の開発、販売
地震計ネットワークの設計・構築
地震計ネットワークのための地形・地質調査
地震防災教育機材の開発、販売
役 員
代表取締役社長 梶原 透
代表取締役副社長  原田 譲二
取締役   荘司 泰敬
取締役   メル・ルンド
監査役   大城 信隆
ページの先頭に戻る
会社の沿革 

 12月26日会社設立 1996年
1997年 建設省地震情報ネットワーク向けに、計測震度、SI値等の演算機能
を実装した ETNA-SIをKinemetrics社と共同で開発
 本社移転 (埼玉県さいたま市) 1998年
 〜
1999年
道路施設、河川堤防、砂防ダムなど構造物の地震観測システムとして
ETNA-SIや多チャンネル型強震計 ALTUS K2を納入
2000年 首都圏、中部圏、宮城県地域の大学による
大都市圏強震動ネットワークを構築
  2001年 雲仙ビジターセンターに展示を兼ねた地震観測システム納入 
  2002年 フィリピン地震火山観測システム構築(〜2004年)
スリランカ地震観測システム構築
防災教育を目的とした耐震実験教材 「ぶるる」の開発、製品化
  2003年 強震観測網 「K-NET」更新業務(〜2006年)
名古屋大学防災拠点創生プロジェクトに参画
  2004年 愛知工業大学地域地震防災コンソシアムに協力
ルーマニア地震観測システム構築
 名古屋営業所開設  2005年 緊急地震速報受信システムの試作開始
小型地震計 E-キャッチャー販売開始
  2006年 緊急地震速報、中京圏を中心に多数納入(〜2008年)
国土交通省向け橋梁の揺れモニタリング用地震計システム搬入
 耐震実験教材「ぶるる」が
 グッドデザイン賞受賞
 (名古屋大学他と共同受賞)
2007年 基盤強震観測網 「KiK-net」更新事業に参画
救助活動用地震検知装置 W-Seis開発、販売開始
  2008年 原子力発電施設への地震観測用多チャンネルロガーの納入
WCEE北京に出展
  2009年 荷役用クレーンの地震観測のための機器を納入
  2010年 羽田空港施設に観測用地震計を設置
計測震度計 N-Seisを開発、販売開始
  2011年 超高層ビル向けの長周期感知器の開発
神戸市みなと総局に地震計納入
  2012年 緊急地震速報の高度化をめざす多機能型孔中地震計を開発
WCEEリスボンに出展
 地震防災啓発キャラクター
 「なまきち」誕生
2013年 強震観測網 「K-NET」更新事業
硬岩域における深部地震動観測システム納入
 建設業許可証の取得 2014年 広域防災システム納品(エルサルバドル共和国)
名古屋大学減災館展示及びモニタリング設備に参加
  2015年 小型地震計 EPDP-CUBE 311 開発、販売開始
広域防災システム納品(バヌアツ共和国)
 
ページの先頭に戻る
Kinemetrics社の紹介 
 
 Kinemetrics社については、こちらをご参照ください。
 
ページの先頭に戻る
本社地図 
336-0015  埼玉県さいたま市南区太田窪2−2−19
TEL 048-887-8891  FAX 048-887-5660
ページの先頭に戻る
名古屋営業所地図 
463-8541  愛知県名古屋市守山区瀬古東2−907
TEL 052-793-8388  FAX 052-793-8380
ページの先頭に戻る
 
〜  OYO  S・I  ONLINE  INFORMATION  〜