製品情報 トピックス お問合せ サポート 会社情報 ダウンロード 人材募集 イベント/展示会 リンク

重要商品 
EPDP-CUBE 311
12cm角キューブに必要機能を凝縮した
小型地震計

地震災害軽減の ための備えと対策
D-Seis
商品画像 施設、設備向け警報・表示型地震計
Obsidian
商品画像 次世代Webベース 4,8,12,24,36チャンネル
高性能地震計/収録装置
Z-Seis
緊急地震速報受信システム
ぶるるファミリー
地震防災啓発教材「ぶるる」シリーズ
トップ画像
最新トピックス 
もっと見る
2019年10月1日   OYOフェア2019開催のお知らせ
    今年も10月10日(木)・11日(金)の2日間、秋葉原UDXにてOYOフェアが開催されます。
ご興味をお持ちの方はぜひ足をお運びください。
 → 詳細はこちら
     
2019年9月10日   10月1日より消費税引き上げに伴い、紙ぶるる注文フォームが
変更になります。
    9月26日以降のご注文(10月4日出荷分〜)は、こちらの注文フォーム
ご利用ください
     
2019年9月2日   地域微動探査協会様指定の地盤調査用微動計を開発しました
    製品について詳しくお知りになりたい方は、地域微動探査協会の
ホームページ ( https://jmsc.or.jp/ )
でご確認ください
   
2019年8月19日   国立科学博物館主催 科博NEWS展示
「地震計の発達-アナログからデジタルへ」
が開催されます 
    先日弊社より寄贈させていただいた、地震計の変遷を語るうえで欠かせない
2台の強震計が展示されます
  展示の様子はこちら
     ・世界で最も普及した軽量小型アナログ強震計「SMA-1A」
 ・1970年頃開発された革新的、世界初のデジタル強震計「DSA-1」
    開催期間 令和元年 9月3日(火)〜9月29日(日)
開催場所 国立科学博物館 (東京都台東区上野公園7-20)
    ご興味のある方はこの機会にぜひ博物館へ足をお運びください
     
2019年7月9日   夏季休業日のお知らせ
     
2019年5月25日   名古屋大学減災連携研究センター 昭和東南海地震特別研究チームの活動、
特別企画展の開催に賛同させていただきました
       「昭和東南海地震の真実」
    名古屋大学の減災館には、地震による建物や地盤の揺れ、耐震化について
体感できる模型教材を集めた「ぶるるコーナー」があり、地震の揺れや被害の
現象を知ることで、起こり得る被害をできるだけ軽減するためにどのような備え
が必要なのか、正しく学ぶことができます。
是非とも「減災館」に足を運んで学び、いざ、その時のために備えましょう。
        「減災館 ぶるるコーナー」
     
2019年5月20日   国立科学博物館へ強震地震計を寄贈しました
     
   
   
 
 
 
 
 
〜  OYO  S・I  ONLINE  INFORMATION  〜